企業に直接資金を提供する投資法について

 

ネットビジネスの中に企業に直接運営資金であるお金を預入れ、預け入れたお金を使用して企業は収入を得て資金提供者に還元するという投資法があります。
簡単にシステムを説明しますと、クラウドファンディングなどで企業は資金提供を求め、資金提供者は期間限定で企業にお金を貸し付けることで企業は貸し付けたお金を使用して営業を行い、資金提供者に対して現金を支払うという物です。

この、ネットビジネスが注目され始めた理由ですが、国債を購入して収益を得るよりも利回りが良く、貸し付けた金額の利子の回収が速いため、リスクを抑えたうえで投資を可能としている点があります。

ただ、問題もありまして、リスクを抑えることができるとは言っても詐欺があるのがこのネットビジネスで資金提供を受ける企業は資金だけを持ち逃げして倒産という手法を取られると預け入れた資金は返金されませんので実質投資した資金の全額を失います。

しかも短期間で収益を得ることができるという利点こそありますが、一定期間預け入れなければ投資をしたとみなされませんので、一定期間の預け入れ後に企業が倒産を宣言した場合、現金は帰ってこなくなります。

しかしながら、この投資法が人気を得ているのは、株式やFXとは異なり、資産価値が増減しないことにあり、企業自体がつぶれない限りは一定期間お金を預け入れることで利子が付き現金が返ってきますのでネットビジネス初心者の方にお勧めしているビジネスの一つとなっています。

投資先の企業情報などについては、口コミなどで記載がある場合、口コミから投資すべく企業であるかどうかを確認できますので、まったくの情報がない状況から投資をするわけではないので、友人や知人からよくわからない企業への投資を迫られることよりも安心な面も多いです。

また、クラウドファンディングで資金を借り受ける側も実は資金を持ち逃げしたりした場合、必ずといってよいほど指名手配のような形で再度事業を開始しようとした場合、足が付きますので安易な考えで資金だけを持ち逃げしようと考えるような企業は報いを受けることを承知でお金を借り受けます。
言ってしまえば口コミなどの情報で即座に怪しい企業であるかどうかが判明しやすい点がありますので、FXのような先行きが不鮮明なものに投資をするよりも安全性が高いと評判があるのです。

結論としては、企業に直接資金を提供する投資は期間限定で成立する投資で利回りが良いのでお勧めされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket