値下がりした銘柄は買い時?株式投資の基本!

   2021/12/06

ネットビジネスを副業にしたいと思う人は多いと思います。
しかし、ネット上には様々な情報があり、詐欺まがいのものもあります。仮に詐欺だと気づいても、投資をしてしまったあとでは返金されない可能性が高いため、口コミ情報などを詳しくチェックしてから始めてみましょう。

怪しいネットビジネスや投資を避けたいと考えている人は、王道の投資である「株式投資」に挑戦してみましょう。
株式投資は、日本人だけでなく、世界中の人が参加している、もっとも有名な投資の一つです。

現在は、インターネットを経由して、個人投資家が気軽に株式を売買できるようになっています。ネット株式投資のサイトは、無料で開設できますので、興味がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

株式投資で儲けるためには「差益」を狙うことになります。
基本的には、安く株を購入して、高値で売り、その差額で儲けるという方法になります。例えば、ある銘柄100株を、10万円で購入して、15万円に値上がりしたところで売ると、5万円の差益を得ることができます。基本的には、投資する額が多くなっても、このように差益を得ることで資産を増やすことができます。

差益を狙うためには、どのようなタイミングで株式投資をすればいいでしょうか。
例えば、株価が下がった銘柄を見つけたときに、購入する方法があります。ずっと株価が2000円前後だったのに、ここ最近になって1200円前後になっていたら、かなり株価が下がっている銘柄と言えます。
この銘柄を購入し、もし以前の2000円に戻れば、差益を得ることができます。

1200円の銘柄を100株購入すると、12万円の投資になります。
その後、2000円まで株価が戻れば、20万円の資産となり、20万円から12万円を引いて、8万円の利益となります。

「株で儲けるのは簡単そうだ」と思った人もいるかもしれません。
しかし、2000円だった銘柄が、1200円になっていて、お買い得だと思い購入したものの、さらに値下がりして600円になってしまうことも十分考えられます。この場合は、12万円投資したのに、6万円まで資産が目減りしてしまうことになり、6万円の損失となります。

株式投資は差益で儲けるのが基本で、株価が下がっている銘柄を購入し、戻り待ちをするのは間違った戦法ではないでしょう。
しかし、さらに株価が下がることも考えられるということを忘れないようにしましょう。なぜこの銘柄は、こんなに下がっているのか? という疑問を持って銘柄を見てみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket