海外FXをするリスクを確かめる必要性

   2022/03/21

海外FXをするときはデメリットもある

最近ではサラリーマンの副業としてFXが人気ですが、海外の業者はハイレバレッジで一獲千金を狙えることで挑戦する人が増えています。
また、国内の業者にはないメリットも多く、追証なしのため借金を背負う必要がなくて安心です。
そのほか、新規に口座を開設するだけでボーナスがもらえ、元手にトレードをすると未入金でもできて利益を出せば出金もできます。
しかし、実際にはデメリットもあり、安易にメリットばかりを鵜呑みにすると危険です。デメリットは信託保全でなく倒産すれば預けていた資金を失うリスクもあり、せっかく利益を出しても出金を拒否されることもあります。

また、金融ライセンスがなければ出金や約定を拒否されやすく、日本語が通じないことや計画倒産をする業者も多いです。
このため、詐欺の被害にあうリスクと隣り合わせであることを認識し、事前に利用者の口コミや評判を確かめてから利用するようにしないといけません。

また、利益を出せば税金が増えやすくなり、思わぬ金額になることもあります。このため、海外の業者はメリットばかりをアピールしてきますが、事前に調査をしてから利用するようにしないと危険です。

どのようにすれば良いのか?

海外FXをするためには安心して利用できる業者を選ぶとトラブルを回避でき、ハイレバレッジの勝負で利益を積み重ねることができます。
業者の見分け方は信託保全があれば倒産しても資金が戻ってくるため、不安な場合には確かめてから利用するといざというときに困らなくなります。

次に、会社概要をチェックすれば金融ライセンスの有無や実績や本社所在地が分かり、曖昧な内容であれば避けるとリスクが低い業者を探しやすいです。

海外FXをするときはこの2つのポイントをおさえれば詐欺にあうリスクもなく、トレードのスタイルに合わせて決めると利益を積み重ねることができます。
また、業者を選ぶときはスプレッドが狭いと取引コストが少なくなり、短期売買をするために利用すると効果的です。

スプレッドは時期によって変わりやすく最新の状況を確かめ、ECN口座を選ぶと国内と同程度になりますがボーナスが付与されなくなります。

海外FXがおすすめのトレーダーはある程度の経験があり、詐欺の被害にあわないように見極める能力が必要です。また、ハイレバレッジの勝負は一獲千金を狙える魅力がありますが、安易に多くのお金を預けないようにしないといざというときに困ることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket